サラリーマンに知って欲しい資本主義社会のルール!

スポンサーリンク
MIND
スポンサーリンク

☑︎サラリーマンに知って欲しい資本主義社会のルール!

スポンサーリンク

⒈はじめに

日本の労働者の約90%がサラリーマンと言われています。

その約90%のみなさんに向けて、本日は僕たちが暮らしている資本主義社会とはどのような世界なのか、筆者なりに解説していきますのでお付き合い下さい。

サラリーマンの方は最後まで見て下さい。この記事で人生変わるかもしれません。

⒉資本主義社会とは

資本主義(しほんしゅぎ、capitalism)または資本制は、営利目的の個人的所有者によって商業産業が制御されている、経済的・政治システム[1]。特に近現代の資本主義の根幹は、自由資本主義・リベラルキャピタリズム(liberal capitalism)と呼ばれており[2]、資本主義に基づく社会は「資本主義社会」「市民社会」「近代社会」「ブルジョア社会」等という[3][4]

資本主義は封建主義の後に現れた体制である[5]産業革命および、アメリカ独立革命フランス革命等の資本主義革命(市民革命)によって確立された[5][6]。資本主義は、一切全てを商品化していく「市場システム」であり、かつ、諸々の近代国家蓄積競合をさせる「世界システム」でもあるという[7]。その主体企業であり、これが物財サービス生産流通させている[8]。構造的には、資本(としての生産手段)を私有する資本家が、労働者から労働力を買い、それを上回る価値のある商品を生産し、利潤を得ている[5]

資本主義の弊害に対し、修正や反対をする概念や立場には修正資本主義反資本主義社会主義共産主義国家主義ナショナリズム[9][注 1]国家社会主義ナチズム)、結束主義(ファシズム)、第三の道第三の位置等がある。一方で、資本主義的な自由競争を更に推進する概念・立場には新自由主義リバタリアニズム等がある。

Wikipediaより

あなたのお気持ちお察しします。何言ってるかわかりませんよね。

要約します!

資本主義社会とは簡単に言えば価格を市場で自由に決めさせる事で競争力が生まれ経済がより発展していくという考え方です。反対の言葉に社会主義という言葉があります。

これは国家が主導権を握り、全く違う仕事をしても支払われる賃金が同じであったり労働意欲の停滞を招きやすいという特徴があります。

そしてここ日本ではどっぷり資本主義社会の中で生活しています。

資本主義の利点は先ほども書いたように競争が起きやすく、その分経済が発展しやすいのですが、その反面自由な経済なので金持ちはより金持ちに、貧乏はより貧乏になるという欠点もあります。

ここが今回のポイントとなります。

ここで筆者が言いたいのは金持ちだから良いとか貧乏だから悪いとかそんな善悪な事ではなく、こういうルールの中に自分たちが今いるという事を十分理解して欲しいという事です。

⒊ r>g

フランスの経済学者トマピケティ著「21世紀の資本」に「r>g」という式が提唱されています。

これは

r = 資本収益率
g = 経済成長率

つまり労働者の給料の昇給では絶対に投資家の収入は超えれないという事です。

これは過去の結果から明らかになっている事で現に金融資産や不動産などの成長率は約年間5%で、労働者の昇給は年間2%程度しか上がりません。

これが資本を持っている人は金持ちに、持ってない人は貧乏人になるという現実です。

実際に日本でも中級層(年収800万から1000万程度)の人口はかなり減っていて金持ちと貧乏人の差がどんどん大きくなって来ています。(また純資産一億円以上の富裕層と呼ばれている人は増加傾向にあります)

これに拍車をかけるように相続というものがあります。

金持ちの資産をその子や孫が相続すれば、その子や孫は更にお金持ちに、そして資産のない親の子や孫は平均年収が現在進行形で下がっていますので、更に貧しくなるわけです。

⒋僕たちがやらなければならない事

このままでは僕たち一般人はどんどん貧しくなると書きました。

僕たちの親世代というのは高度経済成長時代の余波で従業員として働けば給料は増え続けるし、銀行に預ければ年利10%増えるなんて時代で何も考えなくてもお金が増える時代でした。

だから親世代は「貯金しろ」と口すっぱく言いますよね。

確かに過去はそれが正解でした。でももうそんな良い時代は完全に終わっています。
平均年収は下がり続けるし、銀行はマイナス金利で預ければ損をする時代です。

それではその事実を踏まえた上で、今後僕たちは何をして行かなければいけないかを考えたいと思います。

結論、大概の人は「自分のビジネスを持つ」しかありません。

今現時点で手元に大金がある人はそのまま金融投資や不動産投資をして貰えば良いのですが、大抵の人はそこまで運用資金が無いと思います。

先ほども書いたのですが資本収益率は約5%なので100万円を運用しても年間5万円しか増えません。

これではあまりにも時間がかかりすぎます。

なので、この種銭を作るというのが僕ら一般サラリーマンの第一歩になるでしょう。

それが自分のビジネスを持つという事になります。

⒌自分のビジネスとは

今回はサラリーマンに向けて書いていますので、そんなサラリーマンの方に向けて過去にこんな記事を書きました。

サラリーマンこそ副業をして自分のビジネスを持って欲しいと言う思いで書きました、何から始めたら良いかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

家庭を持っている方はいきなり仕事をやめるのは難しいでしょうからまずは小さく副業から始めて、この中でも書いている通り、時間の切り売りはやめて資産性のある副業をしましょう。

その中でじゃあどうすれば副業を大きく出来るかだったり、続けるマインドを持てるかだったりを実体験ベースでこのブログで皆さんにお伝えできればと思っています。

お時間許せば、プラスでこのあたりも合わせて読んでいただきたいです。

⒍まとめ

最後にまとめたいと思います。

まず現在の日本は資本主義社会という自由な経済の社会で、金持ちはより金持ちに、貧乏はより貧乏にと貧富の格差が大きくなって来ています。

この差はこれからもっと大きくなる事が予想されます。

今回21世紀の資本を出して説明しましたが、もっと詳しく知りたい方はぜひ実際に買って読んでみて下さい。


そんな状況で僕たち一般人はこのままで良いのか!?特に何も危機感を持たずに過ごしている人達に問いたいと思います。

もし変えたいと思っているのなら、その対策として僕たち一般人はまず「自分のビジネスを持つ」事から始めよう!そしてその種銭を投資に回し資産を形成しようと提唱したいと思います。

⒎おわりに

今回は「サラリーマンに知って欲しい資本主義社会のルール!」について書きました。

お金の事ばかりと言われるかもしれませんが、現代の策士、令和の諸葛亮孔明キングコングの西野亮廣氏も言うように現代の日本人はお金の勉強をしている人が少ないと感じます。

この勉強をしてないが故にお金に対して不安やストレスが発生します。筆者はいろんな場所で言ってますが、お金は手段であって目的では無いと思います。

何の為にあなたは働いてお金を稼いでいるのか、今一度立ち止まって真剣に考えて欲しいです。

そして変わろうと思うのなら一緒に勉強して行きましょう!

当ブログではこの様な明日から使える情報を日々発信しています。ご興味ある方は是非他の投稿も見てみて下さい。

おわりに

最後まで見て頂き本当にありがとうございます。

当ブログでは明日から使えるお役立ち情報をメインに日々発信しています。ご興味ある方は是非他の記事も見てみて下さい。

フェイスブックインスタグラムツイッターもやってます!少しでも良いと思ったら拡散、フォローぜひ宜しくお願いします!!

朝活応援コミュニティ「ASAKATSU CLUB」を立ち上げました!

現在朝活を頑張っている方、これから朝活を始めたい方は是非参加宜しくお願いします!

お互いをフォローやいいね!で応援し合いましょう!

朝活コミュニティ「ASAKATSU CLUB」立ち上げ
☑︎朝活コミュニティ「ASAKATSU CLUB」立ち上げ ※オンラインコミュニティ「ASAKATSU CLUB」の紹介ページです。 初めましてタイニータウンのフクナガと申します。 この度、全ての朝活生向けに朝活…
MIND
スポンサーリンク
TINYTOWNをフォローする
TINYBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました