成功を掴む為や競争社会で勝利する為に必ず必要な逆張りという思考方法

スポンサーリンク
MIND
スポンサーリンク

☑︎成功を掴む為や競争社会で勝利する為に必ず必要な逆張りという思考方法

初めまして、タイニータウンのフクナガ(@takayuki_f)と申します。

今回は成功を掴む為や競争社会で勝利する為に必須な「逆張り」という思考方法に付いて解説したいと思います。

綺麗事を言えば「誰かと争っていては成功は掴めない」とか思う方もいると思いますが、過去記事でも書きましたが、インターネットの世界というのはライバル(競合)が圧倒的に多い世界です。

あなたによほどの才能やセンスがない限り、普通にやっていては必ず周りに埋もれてしまうのが現実です。

そこで周りと差別化(ブランディング)する際に必須な「逆張り」と言う思考方法について今回は解説したいと思います。

一応補足ですが、決して誰かを蹴落とすとか言う話では無くて、周りと差別化して抜きん出る為の方法と言う事を念頭に置いておいて下さい。

スポンサーリンク

逆張り思考とは

文字通りですが一言で表せば、「大衆の逆を行く」と言う思考方法になります。

元々人間は集団生活をする生き物でなので当たり前の事なのですが、人間には同調圧力やコンフォートゾーンなどがあり本能的に周りと同じ行動を取り群れから外れる事を恐れます。

なので皆んなと同じ行動を取らない人を逆に煙たがると言う習性もあります。

この発想のままでは大衆(多数派)に属する事になり、ことインターネット社会においては注目を浴びる事が難しいです。

世間の逆を行くと言う事なので、成功者はいつの時代も常に少数で、また世間から怪しいとか変とか思われている事が多いです。

投資家や起業家は逆張り思考の代表

金融や株式の投資家(インベスター)や起業家は必ず全員が逆張り思考を行っています。

需要と供給の原理原則で、皆んなが欲しい物は価格が上がり、皆んなが求めていない物は価格が下がる事から、皆んながまだ欲していない時に投資して、その需要や価値が上がってきた所で売却し、その差額で儲けるのが投資家です。

起業家もこれから需要の高まるであろう商品やサービスを開発してリリースします。

投資家と起業家は必ず世間と逆の発想を行わなければ失敗に終わります。

逆張り思考をする時に気をつける事

ここまでで逆張り思考が大切なのは理解いただけたと思いますが、実際に行動する時には注意が必要です。

逆張りだから全てを大衆の逆を行けばいいと言う訳ではありません。(もちろんそれで目標地点まで行くことも可能かもしれませんが、、、)

当たり前ですが、携帯電話がこれだけ普及した世の中に、世間の逆を行けと言う事からこれから固定電話をまた作っても普及しない事は衆知の事実でしょう。

この時に大切な考え方が社会は常に利便性の高い方に転び、逆張りをする際は社会全体の流れを把握した上で、大衆の二、三歩先を行くと言う発想です。

現在皆さんが使っているサービスなんかもこれに当てはまり、YouTubeやNetflixなんかも2000年より前からサービス自体はありましたが、スマホと4Gの技術が発展し誰でも何処でも動画が見れる様になってからこれほど普及しました。

逆張り思考を個人に落とし込む

上記で投資家や起業家に逆張りは必須と書きましたが、これからの時代は個人にも必要な思考方法と筆者は思っています。

考えて貰えば分かると思いますが、今までの時代と言うのは解(答え又は正解)を知っている人に価値がありました。

しかしこれだけインターネットにコンテンツが普及した世の中になれば、解(答え又は正解)と言うのはネットに無料でいくらでも転がっていて価値が薄くなって来ています。

ここで逆張り思考の登場で、これからは問い(問題定義)を作れる人に価値が付いて来ると予想されています。

これは時代の流れの速さも関係していると筆者は考えていて、縄文時代の1年と現代の1年では時代進化のスピードが明らかに違うと誰もが分かると思います。

この進化のスピードは指数関数的に今後も早くなって行きます。(このあたりはシンギュラリティ好きの筆者としては長くなるので、又別記事で書きたいと思います。)

そして別軸の話として解(答え又は正解)と言うのはその時代時代で移り変わるものです。

過去正しかった物や事が現代では間違いなんて事例は数えきれないほどあります。

この二つの要因から昨日まで正しかった事が明日間違いと言う事がこれからいくつも起きる事でしょう。

コロナの対応一つとっても先週は感染者を増やすな、今週は経済を止めるな、この様に目まぐるしく変化が起きています。

この時代に必要なのがロジカルシンキングやクリティカルシンキングの課程にある仮説や要因を考える力なのだと筆者は思っています。

是非この記事を見たあなたは明日から問いを作る事の出来る人材を目指して下さい。

まとめ

最後に簡単にまとめたいと思います。

今回は「成功を掴む為や競争社会で勝利する為に必ず必要な逆張りという思考方法」について解説しました。

まず始めに逆張り思考とは大衆と逆の動きをすると言う事であり、あらゆる場所で突出する為にはこの逆張り思考がとても大切です。

しかしこの逆張りと言うのは全て世間と逆の方向で行動すれば良いと言う単純な事では無くて、社会全体の流れや過去の事例から学ばなければならないと言う事です。

この個人に落とし込んだ際には、今までは正解を持っている人に価値がありましたが、これからは問題を定義出来る人材に価値が付くと予想されます。

その為にはロジカルシンキングなどの考え方を学ぶ必要があり、この辺りは又別記事で紹介させて頂きます。

是非逆張り思考を取り入れビジネスやマーケティングに活用してみて下さい。

おわりに

最後まで見て頂き本当にありがとうございます。

当ブログでは明日から使えるお役立ち情報をメインに日々発信しています。ご興味ある方は是非他の記事も見てみて下さい。

フェイスブックインスタグラムツイッターもやってます!少しでも良いと思ったら拡散、フォローぜひ宜しくお願いします!!

朝活応援コミュニティ「ASAKATSU CLUB」を立ち上げました!

現在朝活を頑張っている方、これから朝活を始めたい方は是非参加宜しくお願いします!

お互いをフォローやいいね!で応援し合いましょう!

朝活コミュニティ「ASAKATSU CLUB」立ち上げ
☑︎朝活コミュニティ「ASAKATSU CLUB」立ち上げ ※オンラインコミュニティ「ASAKATSU CLUB」の紹介ページです。 初めましてタイニータウンのフクナガと申します。 この度、全ての朝活生向けに朝活…
MIND
スポンサーリンク
TINYTOWNをフォローする
TINYBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました